【自作PC】メモリーの取り付け方 (初心者向け)

一般的なマザーボードには、2本もしくは4本のメモリーを取り付けるためのスロットがあります。

メモリーの取り付け方法は、スロットのツメを解除しメモリーの向きを合わせてからスロットに挿し込むだけで簡単に取り付けできます。

ここでは初心者の方に向けて、メモリーの取り付け方を画像多めでわかりやすく紹介しています。

きちんと手順通りにやっていけば、誰でも簡単に取り付けることができるので参考にしてみて下さい。

今回は、下のパーツの画像を使って紹介します!

【 マザーボード 】 
ASUS TUF GAMING
B460M-PLUS
MicroATX

【 メモリー 】
XPG Hunter デスクトップPC用
ゲーミングメモリ
DDR4-2666 8GB×2枚

お手持ちのパーツと色や形状などは違うかもしれませんが、取り付け方は同じなので安心して下さいね!

タップできるもくじ

メモリーの取り扱い方

はじめにメモリーに初めて触れるという人のために、取り扱い方を紹介しておきます。

メモリーは板状の基盤にチップが搭載されたもので、静電気にとても弱いです。

なので、触れる前に

ドアノブなどの金属に触れて体内の静電気を放電しておく
静電気防止手袋などを着用しておく

と安心して取り扱うことができます。

メモリーを持つ時は両端を指で挟み込むようにして持つのがオススメですが、片手で持つことが難しい場合は、無理をせず両方の指で両端を挟み込むようにしても大丈夫です。

放熱板(カバー)が付いている場合は、放熱板には触れても大丈夫ですが、端子部分には触れないように注意して下さい。

マザーボードの裏面もキズが付きやすいので、タオルなど柔らかい物を下に敷いておくと、さらに安心できますよ!

メモリーの取り付け場所

「取り付け場所は知っているよ!」という方は、読み飛ばして下さいね!

ここで初心者の方が「メモリーの取り付け場所ってどこ?」

とならないように今回、使用するマザーボードを参考にして取り付け場所を紹介しておきます

一般的なマザーボードにはメモリーを取り付けるスロットが2本もしくは4本ありますが、今回のようにスロットが4本あるマザーボードの場合、どのスロットに取り付ければいいのか悩んでしまうかもしれません。

代表的な例としては

メモリーを2枚取り付ける場合は、下の画像の②と④のスロット
メモリーを1枚だけ取り付ける場合は、下の画像の②のスロット

に取り付けることが多いです。

マザーボードの種類によって推奨されるスロットが異なるので、一度はユーザーマニュアルやメーカーのホームページで確認しておいた方が安心できます。

ユーザーマニュアルにはこんな感じで載っています!

同じ規格のメモリーを2枚使うとお得になる

同じ規格のメモリーを2枚使うことができれば、「デュアルチャンネル」で作動させることができます。

「デュアルチャンネル」とは簡単に言うと、同じメモリーを2枚使うことによって動作速度を向上させることができる技術のことです。

メモリーは1枚でも何の問題もありませんが、可能であれば同じ規格のメモリーを2枚使うのがオススメです。

現在は同じメモリーを2枚取り付けるのが主流になっていますよ!

メモリーの取り付け手順

それでは、メモリーの取り付け手順を紹介していきます。

今回はメモリーを2本取り付けていきます。

それぞれの手順について、実際の画像を見ながら確認していきましょう!

STEP
②と④のツメを外側に開いて解除する

※今回は片側だけのツメを解除していますが、両側にツメがある場合は両側のツメを解除して下さい!

STEP
切り欠きの位置を確認する

メモリーを仮挿しして、メモリー側の切り欠きとスロット側の切り欠きの位置が合っていることを確認します。

※切り欠きが合っていない場合は、メモリーの左右が反対になっているので向きを変えて調整して下さい。

手順
メモリーを挿し込む

左右均等に力を入れて上からメモリーを挿し込みます。

手順
ツメが起き上がっていることを確認する

メモリーがきちんと入ると、ツメが自然に起き上がりメモリーがロックされます。

※両側にツメがある場合は、両側のツメがロックされていることを確認して下さい。

手順
もう1本も同じように取り付けて完成

ツメが起き上がらない時の対処法

もし、メモリーを挿し込んでも「ツメが起き上がらない」「ツメが中途半端に上がっている」などの場合は、挿し込む力が足りないことが考えられます。

ツメが起き上がらないんだけど・・・どうすればいいの?

対処方法は

  1. ツメを外側に開いて解除する
  2. メモリーを持ち上げて取り外す
  3. 再度、挿し込む

の順番で、もう一度チャレンジしてみて下さい。

あまりないとは思いますが「ツメが起き上がらない」「ツメが中途半端に上がっている」などの場合には、試してみて下さい。

ここまでのまとめ

今回は、メモリーの取り付け方を初心者の方に向けて紹介いたしました。

メモリーの取り付け作業はとても簡単なので、きちんと手順通りにやっていけば誰でも取り付けることができるかと思います。

メモリーは横に長いので片手で持つことが難しい場合は、無理をせず両方の指で両端を挟み込むようにして持つようにしましょう。

初めて自作PCを組む方の参考になれば幸いです。

次のステップはSSDの取り付けです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

タップできるもくじ